hkt48いろいろまとめたのblog

hkt48の情報ぐぐたすまとめたった

前に質問した祖父母による学費生活費が贈与になるかならないかって事ですが、祖父...前に質問した祖父母による学費生活費が贈与になるかならないかって事ですが、祖父母が言うに、相続が発生した時の預貯金を減らしておきたいらしいです。年寄りの預貯金から1~2千万もお金が消えるのは相続の時、税務署からおかしいって言われないようにしたいらしいです。(祖父母には相続税がかかる位資産あり)説明不足ですいません。民法877条では、夫婦や直系血族間(親子、祖父母と孫等)は、互いに扶養する義務のある事を定めています。税法上は、この様な扶養義務者間において通常必要な費用(生活費)または教育上必要な(教育費)に充てるために金銭等の財産の贈与があった場合には、その取得財産のうち、生活費または教育費として通常必要と認められる範囲のものについては、贈与税の非課税財産として取り扱われる事になります(相法21)。 おかしいと言われないためには授業料、入学金としてすぐに使ってしまうことです。預貯金として残しておかないように。

営業の交通費についての質問です。ふと思ったのですが営業にかかる電車の交通費...営業の交通費についての質問です。
ふと思ったのですが営業にかかる電車の交通費はどのように会社からもらうのですか? Suicaでチャージした時に領収書をもらい月末に渡すみたいな感じですか?基本、自己申告です
ただ日報などで何処に行って何処を回って何処に行ったとか書いて提出します(多分どこの会社でも)で、どのルートを何を使って行ったのかも日報に添えるといった感じですね
電車の場合運賃がはっきりしてますから領収書は必要ありません

大学に科目等履修生制度ってあるじゃないですか? あれは学生ではないと言われた...大学に科目等履修生制度ってあるじゃないですか? 
あれは学生ではないと言われたんですが、受験する必要があるんですか? 科目等履修生は学生ではありません。資格があれば受験の必要はありません。A大学に在籍しながらB大学の学生になることはできません(二重学籍)。
 科目等履修生は学生ではないで、A大学の学生でありながらB大学の科目等履修生として単位を取得し、資格等を取ることができる、というわけです。卒業生
が卒業後、上級の資格を取得する目的で不足分を取り直す場合も科目等履修生扱いとし、授業を受けて単位が取れます。便利。

「株は証券取引所でないと売り買いできない」と聞きました。でも未上場の株は、...「株は証券取引所でないと売り買いできない」と聞きました。
でも未上場の株は、そこでは買えませんよね?未上場の株なら、株を持っている人と直接交渉して買ってもいいのでしょうか???おっしゃるとおり、直接売買をしても差し支えありません。
上場株ですら問題ありません。(ただニッポン放送のように大量の株式の場合は問題になる可能性があります)
ただ未上場株式は「譲渡制限」といって、売り買いをする場合には、取締役会(役員会)の事前の承認を得る必要がある、場合もあります。発行会社に確認してみることをおすすめします。

ヘッジファンド投資を実践しようと思っているのですが、本当に有利な利回りを得ら...ヘッジファンド投資を実践しようと思っているのですが、本当に有利な利回りを得られるのでしょうか? 先週の日経ヴェリタスの、ヘッジファンド特集記事を読んで、ヘッジファンド投資に関心を持ちました。
「みんなの海外投資」(
本当ならば国内の投資信託を買っている場合ではないと思い、実際に投資してみようと考えています。
それなりの手数料の高さは覚悟していますが、ところで年平均利回りで10%以上の成果を(もちろん過去の成績であることは承知していますが)確保できるというのは本当なのでしょうか。ヘッジファンドの現状
大物投資家のスタンレー・ドラッケンミラー氏が、自らファンド・マネージャーを務めているデュケーヌ・キャピタルを来年中に閉鎖、投資家に資金を返却する
と発表したことは、ファンド業界だけではなく、欧米のマーケット関係者を驚かせました。
デュケーヌ・ファンドは、「グローバル・マクロ」と呼ばれるヘッジファンドです。グローバル・マクロとは、世界の経済トレンドや政治的な見通しを重視し、
各国の経済、為替、金利などの予想に基づき投資する運用戦略です。代表格はジョージ・ソロス氏です。1992年に、イングランド銀行と戦いポンドを
急落させたブラック・ウェンズデーで、一躍有名になりました。
しかし、2008年の金融危機以降、取り巻く環境が一変、相場予測が困難になりました。さらに、規制の強化、利益に課せられる高い税金、情報公開の圧力が強まり、
グローバル・マクロをはじめとするヘッジファンドは、90年代のように高い利益をコンスタントに出せなくなっています。

ドラッケンミラー氏のデュケーヌ・キャピタルは、米国債のブル相場に乗り遅れたことなどが影響して、先月までに5%の損失を出しました。ルイス・ムーア・ベーコン氏が
運用しているグローバル・マクロのファンドも先月までに6%以上損しました。


大物ヘッジファンド、ルネサンス・テクノロジーのジム・シモンズ氏は去年、引退を宣言、またハイ・フィールズ・キャピタルのリチャード・グルブマン氏も先週、投資家に対して
引退する意向を明らかにしています。今年に入り、ファンド数社が店じまいをしています。
大物、ドラッケンミラー氏の決断を受けて、いくつかのヘッジファンドが年内にも退場するとみられています。中堅のヘッジファンドに親しい友人がひとりいるのですが、その友人は
「巨額の資金を動かすヘッジファンドが減ると、マーケット全体の流動性がなくなり、大規模な金融取引が減る可能性がある」と話しています。 



↑このページのトップヘ